new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

砂の壁「都市漂流のために」CD

1,650円

送料についてはこちら

都市漂流のために CD / 1500yen /2024.07.03 AICP-041 - COMPLEX 1.Tower 2.駆け抜ける 3.きてしまう夏 4.Tokyo 5.オレンジ 神戸の同大学出身四人組ロックバンド「砂の壁」。 傑作1st ep『GUMBO』からおよそ1年ぶりとなる2nd ep『都市漂流のために』が待望のリリース。 前作リリース以降のバンド活動の充実の中、音楽性は更にステップアップした。 オボ、青木の二名による異なるソングライティングはそれぞれに磨きがかかり、新たに見出した浮遊感のあるサウンドスケープと、ときにユーモラスでありときにロマンチックなオボの歌詞が都市生活漂流のアイデアを捉えた。 リスナーとしての幅が広がったマオのベース&コーラスは表現力が向上し、更に活動が精力的となった大見のドラムには磨きがかかっている。 バンド全体としての成長と充実を感じさせる堂々の第二作目が完成。 メンバーそれぞれに営む東京での生活の中、『都市漂流のために』の完成によって[熟成の兆し]はいよいよ決定的に音楽と結びつきつつある。 前作に引き続き、レコーディング&ミックスエンジニア/ サウンドプロデューサーとしてレーベルオーナーである猪爪東風(ayU tokiO)が、マスタリングには佐藤清喜(microstar)がそれぞれ参加。 メンバーが映り込んだ浮遊感漂うジャケット写真は新進気鋭写真家のpei the machinegunが撮影。 アートディレクションは前作に続きCOMPLEX作品でもお馴染みのsing on the pole横山曜によるもの。

セール中のアイテム